就任祝いの贈り方

就任祝いに現金を贈る場合の贈り方

就任祝いに現金を贈る事を検討されているケースもあると思います。
相場としては、親戚に就任祝いを贈る際には5000円から10000円程です。
兄弟姉妹に贈る際には10000円から30000円程とされています。
友達等に贈る際は、5000円から10000円程が相場だと言われています。
働いている先で同僚等に就任祝いを現金で贈る際には、
部署による場合が10000円から30000円で、
個人による場合が3000円から10000円が相場だとされています。
ただ、就任祝いを贈る額は相手との交流の深さ等によっても変わります。
紹介をした相場に関しては目安となるので、各自の状況によって合わせて贈る事になります。
また、注意点としては目上の方に就任祝いを贈ろうと考えている場合です。
目上の方に現金を贈る事はマナー違反だと言われていますが、
海外に異動されるケースは例外であるとされています。
現金は熨斗袋に包んで贈る事になるので、その表書きや水引にも気を付けます。
ちなみに、目上の方に贈る事を控えた方がいい品物と言う物もあります。
その品物としては鞄や靴下、下着や時計等が挙げられます。
目上の方に就任祝いを贈る場合には、このような品物は控えた方が良いと言えます。

また、就任祝いにどのような品物が贈られる事があるのか説明します。
就任祝いとしては、胡蝶蘭が贈られる場合が見られます。
他にも、就任祝いを贈る相手の好みに合わせた品物等が選ばれる事があります。
例えば、先方がお酒を飲む事が好きだと言う場合には、そちらを贈られる事もあるようです。
加えて、就任祝いを贈る際には相手の氏名等を間違えない様に注意します。
きちんとチェックをした方が良いと思います。

 

就任祝いの胡蝶蘭の贈り方