就任祝いの贈り方

就任祝いのマナー・タブー

就任祝いを贈る事になると言う機会に遭遇するケースもあると思います。
そんな時に注意したいのが就任祝いのマナーとタブーです。
就任祝い品物を贈る際にもそれらの事を配慮する事が大切です。
例えば、ベルトや靴下に時計等は目上の方には贈らない方が良いとされています。
加えて、就任祝いに相手が持て余してしまうような品物を贈る事は避ける事が大事です。
例としては、相手がお酒を飲めない場合は就任祝いに贈る事は控えた方が良い等があります。
就任祝いに贈られる事がある品物としては、胡蝶蘭やカタログギフト等があります。
また、就任祝いのメッセージカードにも注意点があります。
就任祝いの際に使ってはいけない忌み言葉があり、
それには枯れる・壊れる・潰れる等が挙げられます。
加えて、否定的な事も記述しない様にします。
ちなみに、就任祝いのメッセージカードを書く際に、例文を参考にするのも良いと思います。
更に、就任祝いの際に相手の姓名等を記述する機会にはミスをしない様に気を付けます。
相手の姓名等がきちんと記述で来ているかチェックするのも良いと思います。
他にも、就任祝いで気を付けた方が良いのが現金を贈ると言うケースです。
この場合は、贈る相手が目上の立場の方等の際は控えた方が良いとされています。

礼儀に欠けていると判断される場合があるからです。
目上の立場の方等に現金を贈っても構わないのは、相手の異動先が海外だった場合等です。
尚、就任祝いを贈る場合の一般的な相場と言う物もあります。
一般的な相場なので目安として頂ければと思います。
社長に就任された場合に贈るのであれば5万円以上とするケースがよく見られます。
また、取締役等に就任された場合は2万円から3万円程が相場です。

 

就任祝いの贈り方TOP