就任祝いの贈り方

就任祝いのお返し

就任祝いを頂いた際にお返しは、どのようにするのか説明します。
友達や親族等に就任祝いのお返しをする際に、
お返しの品物と礼状を贈ると言うケースがあります。
お返しの品物に関しては幾らぐらいが目安になるかと言うと、
就任祝いに頂いた品物の半分程度の額だとされています。
場合によっては、頂いた就任祝いの全額程度の品物をお返しに選ぶ事もあります。
お返しの品物には、商品券や相手の嗜好を踏まえた品物等を贈られたりします。
また、食事に招く事によって就任祝いのお返しとするケースもあります。
食事に招く事によってお返しとする場合は、
相手の方に料金の額を思い当たらせない様に工夫をする事も大事になります。
更に、礼状を書く場合には文例等を参考にするといいと思います。
就任祝いの礼状はどのような形式で書かれるのかと言うのを確認するといいです。
当然ですが、礼状の内容には気を配る事が大事になります。
例えば、忌み言葉や誤字等を記載しない様にしたりと言うのが挙げられます。
それでは、取引先に対して就任祝いのお返しをすると言う場合には、
どのようにするのかと言うと、その会社の考えによって対応すると言う事になるようです。

よって、就任祝いのお返しは1人で決めてしまうのではなく、
目上の方等の話を伺う等をして行う事が大事です。
一般的には、取引先に就任祝いのお返しをする際には礼状を送る事になります。
ただ、あくまでも一般的にはと言う話なので、ご注意をお願いします。
就任祝いを頂く立場ではなく、贈る立場になる機会もあると思います。
そのような場合にも、マナーと言う物はあるので気を付ける事になります。
贈る品物はどのような物が良いか、いつ贈れば良いか等に配慮します。

 

 

就任祝いの贈り方はこちら