就任祝いを贈るタイミング

就任祝いを贈るタイミング

就任祝いを贈る際にはタイミングも大事になります。
このタイミングを間違えてしまうとマナー違反となる場合があるので注意します。
就任祝いは、正式な辞令が発表されてから少なくとも1週間以内は贈りたい所です。
早い段階で就任祝いを贈る事が大切だと言えます。
就任祝いを贈るタイミングが遅れない様に気を付けます。
ただ、正式な辞令が発表される前に就任祝いを贈る事はマナー違反になります。
就任をするという噂だけで就任祝いを贈る等と言う事は控えた方が賢明です。
更に就任祝いを贈る時には、六曜にも注意した方が良いです。
六曜の友引や仏滅等の日取りに関しては、耳に入れた事がある方も少なくないと思います。
就任祝いを贈る際は、仏滅等には控えるようにされています。
予め就任祝いを贈る前に、六曜の日取りもどうなっているか調べた方が良いです。
また、就任パーティーが開催されると言う場合もあります。
このケースでは、就任パーティーの当日に就任祝いを贈るとされています。
加えて、気を付けたい点としては会社の立場で就任祝いを贈るケースです。
この様な場合には、独りで判断してしまうと言う事は控えます。
会社の考え等があるので、よく指示等を踏まえて対応する事になります。

また、就任祝いを贈る際に気を付けなくてはいけないのはタイミングだけではありません。
例えば、就任祝いを贈る相手の名前を正確に書くと言うのも当然ですが大事な点になります。
先方の役職や姓名等についてもしっかりとチェックする事をおすすめします。
更に就任祝いとして贈る品物についてもきちんと検討する事も必要です。
ちなみに、就任祝いには胡蝶蘭等が贈られる場合があるそうです。
他にも、目上の方等には贈る事を避けなくてはいけない品物もあるので注意します。