就任祝いの贈り方

就任祝いの相場

就任祝いを贈る場合には、その相場に関しては気になる点だと思います。
まず、社長に就任された場合は5万円以上とするケースが少なくないようです。
取締役等に就任された場合は2万円から3万円程だとされています。
こちらは就任祝いの贈り先の方との親しさ等によっても変わります。
相場は目安として、各種のケースに合わせて柔軟に対応して行く事になると思います。
また、就任祝いに品物を贈る場合に気を付ける点としては、
目上の方には控えた方が良い品物があると言う事が挙げられます。
このような品物としては、万年筆やマット、時計に鞄等があります。
更に目上の方に現金を贈ると言うのも礼儀から外れていると言われています。
しかし、就任祝いを贈る方が海外に転勤される際は現金を贈る場合もあります。
現金は熨斗袋に包む事になるので、そちらにも配慮をする事になります。
社長や取締役等に就任された際に、お祝いとしてよく贈られる品物としては胡蝶蘭があります。
胡蝶蘭は、匂いがそれ程ないと言う事や幸運が飛んで来る等と言う花言葉等がある事が魅力として挙げられます。
胡蝶蘭に立札を付ける際には、内容にミスがない様に気を付ける事も大切です。
加えて、就任祝いとして胡蝶蘭を贈る際には何処に飾られるかと言う事も配慮すると良いと思います。
例えば、飾られるのは就任祝いを贈る方の会社か、あるいは自宅になるのかと言うのも含めて検討すると言う事です。

他にも、就任祝いを贈る際にはタイミングも大事になります。
就任祝いを贈るタイミングとしては、
正式な辞令が公表されてから早い内にとされています。
いずれにせよ、就任祝いを贈る事になった場合は、色々な面に気を配る事が大切だと言えます。

 

就任祝いの贈り方